インターネットの誹謗中傷は弁護士に依頼して解決しよう

>

インターネット上の誹謗中傷に対しては弁護士に相談して解決

インターネット社会の恩恵

最近のインターネットの急速な普及で我々にとってインターネットはなくてはならないものになり、特にスマートフォンの異常な普及もあっていつでもどこでもインターネットで自分の知りたい情報を知ることができさらにSNSサービスのこれも異常ともいえる普及で誰もが簡単に自分の意見や主張を世界へアップロードできるようになり、世界へ自己主張を発信できるようになりました。
これは今までの私達の生活では想像できなかったことであり、インターネットの恩恵は計り知れないものとして我々の生活に浸透しています。
さらにインターネットは情報の発信だけにとどまらず、電子決済によるショッピングやウェブ上の銀行、ゲームの通信利用など、仮想社会のようなレベルにまで達しており現実とは異なった世界を構築しています。

インターネットだから起こる弊害

このようなインターネットの恩恵にあずかっている我々ですが、インターネットだからこそ起こる弊害も数多く報告されており、大きな社会問題になっております。
インターネットでSNSサービスなどで自己主張が簡単に誰でも行えるようになったからこそ起こりえる。偉大な弊害、サイトの炎上、ヘイトスピーチ、常識をわきまえない罵詈雑言、それによる風評被害、そして他人に対する誹謗中傷などです。
特に誹謗中傷はたちが悪く、何の関係もない他人にたった一言で大きな被害を及ぼし、さらには実際の生活にまで甚大な被害を及ぼし、さらに個人で火種を消すことは今の社会では不可能といわれているほどです。
このような弊害は即刻排除しなくてはならないのですが、今の日本には法律規制がほぼ整っておらず、解決は非常に難しいといえます。